検索

AudioMatrix ★期間限定25%OFFイントロセール!

このメーカーの製品を検索 » メーカーのページへ »

SOUND PARTICLES

¥ 15,345 (本体価格:¥ 13,950) 230 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:約2~5日程度でメール納品予定です。

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


音声チャンネルのルーティング処理を行うユーティリティ・プラグイン

ダウンロード版(代引き不可製品)
本製品はパッケージのご用意がないため、代引きでのお支払いはお受け付けできません。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
キャンセル不可製品
本製品はメールでのシリアル納品後の変更/返品/キャンセルはできません。事前に製品内容を充分にご確認ください。

製品概要AudioMatrix - オーディオ・マトリクスは、音声チャンネルのルーティング処理を行うユーティリティ・プラグイン。ゲイン値と極性を調整のうえ、任意の入力チャンネルを、あらゆる出力チャンネルのフォーマットに再ルーティングできます。最大64chのオーディオをサポート。

あらゆる音声のプロにとって、役立つプラグイン込み入った作業とは、お別れです。AudioMatrixを使って、よりスムーズで効率的な制作プロセスを体験してください。面倒なエンジニアリングが省かれ、創造性を活かすことに集中できるようになるでしょう。



主な機能単純なようで、無くてはならない実用性の高いプラグイン

ゲイン値の処理
音声信号をブーストまたは微調整する必要がある場合でも、各ルーティング接続において、ゲイン値を迅速かつ正確に処理します。従来の複雑なマニュアル調整には別れを告げて、合理化されたワークフロウを選択しましょう。

極性の反転/PolarityInversion
音声信号の極性を簡単に反転できます。Mid/Side変換からサブウーファーの調整に至るまで、多くの状況で実に便利です。

あらゆる出力フォーマット
出力フォーマットに囚われる必要はありません。9.1.6chで作業していて、クライアントが 5.1chのトラックも必要とする場合、迅速かつ正確に変換しましょう。モノラルから最大64ch、それらの中間フォーマットに対応します。

使用例以下は、幾つかの使用例です。

Mid/Side変換
M/S処理の作業工程は、もう複雑ではありません。数回のクリックでMSマトリクスを生成し、ステレオをMid/Sideに変換、そしてステレオに戻します。大幅な時間の節約となるでしょう。

ビッグ・モノラル
"イマーシブ"フォーマットの音声を"大きな"モノラル・サウンドへ簡単に変換したり、各チャンネルを制御したカスタムとなるモノラル・サウンドを生成できるようになりました。

鏡面反転
ステレオ、あるいは7.1.2chの作業においても、左側と右側のチャンネルを反転させたいと感じることがあるでしょう。AudioMatrixであれば簡単です。

センターチャンネルに配置
空間の奥の完璧なスポットに、音声トラックを配置しました。クリック・ノイズに気付いたので、外科的に取り除くように、その音をセンター・スピーカーに送ってみましょう。正確に音声をクリーンアップできます。

チャンネル/LFE調整
各チャンネルのゲイン値を、個別にミュートまたは調整します。サラウンド分の音声を低減させたり、LFEを適切に制御(レベル変更や他チャンネル要素の付加、あるいは単に無音)したいこともあるでしょう。

フォーマット変更
誤って5.1chの別フォーマットで作業してしまった?AudioMatrixであれば、例えば5.1 Filmから5.1 SMPTEへ簡単に変換できてしまいます。

スピーカー配列のマネージメント
5.1ch素材を7.1ch環境で再生しますか?リア・スピーカーを抑えて、背後に無音の穴を開けないようにしましょう。AudioMatrixは、サラウンドのチャンネルをサイドとリアのスピーカー両方に適切なレベルでルーティングします。

ダウン・コンバート
ビデオゲームのサウンド・デザインを7.1chでミキシング作業完了。5.1chやステレオへ簡単に変換できたら良いと思いませんか?AudioMatrixなら、可能です。

サブ・ウーファーへのセンド
メイン・チャンネルの音声をサブウーファーに送りたい?ベース・マネージメントのシステムが無ければ、AudioMatrixが全チャンネルを独立したレベルで、サブウーファーにルーティングします。

システム要件
OS環境macOS 10.13〜(Appleシリコン搭載環境にネイティブ対応)
Windows 10〜
プラグイン・フォーマットAAX Native
AU v2、v3
VST3