検索

¥ 15,026 (本体価格:¥ 13,660) 300 ポイント還元(会員限定)
新品 通常
予定納期:即納、メールにてシリアル納品

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


アナログ感をシミュレートするその先を構築する歪み系エフェクト

Rock oN Demand対象製品(24h即時メール納品) 詳細はこちら>>>
3Dセキュアご利用のクレジットカードで対象製品をご購入いただいた場合、在庫切れの場合を除き即時メール納品いたします。その他のお支払い方法の場合は、月~土曜日12時までのご注文とご入金の確認で、当日中にメール納品いたします。
ダウンロード版(代引き不可製品)
本製品はパッケージのご用意がないため、代引きでのお支払いはお受け付けできません。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
キャンセル不可製品
本製品はメールでのシリアル納品後の変更/返品/キャンセルはできません。事前に製品内容を充分にご確認ください。

アナログ感をシミュレートするその先を構築する歪み系エフェクト

『OwnTHD』は、ミックスのアナログ感を自由に調整できるアナログフィーリングな歪みを加えるエフェクト・プラグインです。世の中には多くのアナログ機材をエミュレーションしたプラグインがあり、『OwnTHD』の目的を疑問に思われるかもしれません。『OwnTHD』の目的は、限りなくオリジナルに近いものをシミュレートすることでも、どれだけ多くの機器をシミュレートできるかということでもなく、その先にある自分だけの「音」を構築することです。それが『OwnTHD』の名前に込められた意味であり、あなた自身の「THD(Total Harmonic Distortion、全高調波歪率:出力の倍音成分)」を構築することなのです。

『OwnTHD』は、ヴィンテージ機器のシミュレーションに加えて、3つの理想的な回路モジュールのシミュレーション(ソリッドステイト・シミュレーション、真空管シミュレーション、テープシミュレーション)の4つのコンポーネントで構成されています。これらはすべて直列で接続されており、それぞれを個別にオン・オフすることができます。現実では、このような繋ぎ方はノイズの増大やインピーダンスの不整合などの問題を引き起こす可能性がありますが、『OwnTHD』ではそういった問題は存在しません。ソリッドステート・プリアンプの絹のような感触、チューブ・プリアンプの暖かさ、テープ・マシンのヴィンテージ感を同時に得ることができ、効果の強さをそれぞれ調整することができます。


Vintage Equipment Simulation
このコンポーネントは、オーディオのミキシング/マスタリングでよく使われるマイクプリアンプ、ミキサー、EQなど9種類の機器の「THD」部分のみをシミュレートしています。それぞれが異なる音の「色」を持ち、異なる音楽スタイルに適しています。アナログ機器の一般的なエミュレーション・プラグインとは異なり、『OwnTHD』は機器のノンリニアな挙動をシミュレートすることに重点を置いています。また、『OwnTHD』は調整の自由度が高いのも特徴です。単純なウェーブシェイパーとは異なり、ヴィンテージ機材が歪みを生み出すメカニズムは複雑ですが、それをシミュレートするだけでなく調整可能にすることで、オリジナル機材以上のものが得られます。例えば、『N-Pre』のベースとなったオリジナルのプリアンプでは、入力レベルの設定でしか倍音の量を調整できません。しかし『OwnTHD』では、4つのDriveノブを設定することで、「色」の量を調整することができます。

選択可能なモジュール
N pre:世界で最も有名なマイクプリアンプの一つをモデルにしています。温かみのあるサウンドで、丸みを帯びた深いローエンドが特徴です。
A pre: 有名なマイクプリアンプをモデルにしています。N preと似ていますが、より中低域にフォーカスしています。
4K: 有名な機材をモデルにし、パンチのある音が得られます。
U61: 真空管マイク・プリアンプをモデルとしており、非常に暖かく密度の高い中域を持っています。
VOC:チャンネルストリップをモデルとし、甘い高域が特徴です。
Child: 伝説的なリミッターをモデルにしています。
2A: 有名なリミッターをモデルにしています。
A8:有名なテープマシンをモデルにしています。
Hawk: オーバードライブ・モジュールをモデル化。このモジュールはOwnTHDの9つのモジュールの中で最も強力な歪みを生み出します。

Overdrive Control
シミュレート元機器の回路に由来する、歪みのレベルをコントロールします。値を最大にした場合、著しく歪んだ音を生成します。

Feedback Control
ネガティブ・フィードバック/ポジティブ・フィードバックの調整、バイアス制御、フィードバック信号に低音のシェルフを加えるDepthの調整を行います。ネガティブ・フィードバックは歪みを減少させ、ポジティブ・フィードバックは歪みを増加させます。

Volume
Vintage Equipment Simulation コンポーネントの出力ボリューム調整。

Sweet Spots
暖かみのある低音域を持つものや、滑らかな高音域を持つものなど、シミュレート元の各機器にはそれぞれそれぞれ固有の「スイートスポット」があります。『OwnTHD』は、9機種の「スウィートスポット」を再現するとともに、その調整も可能です。例えば、「4K」の低音域は、オリジナルの特徴であるパンチ力があります。スイートスポットを設定することで、低域のパンチ感だけでなく、中域のパンチ感も再現することができます。逆もまた然りです。


Solid State Simulation
ソリッドステート・プリアンプの特性を '理想的な状態' でシミュレートします。

Tube Simulation
'理想的な状態'で真空管が生み出す効果をシミュレートします。現実の真空管のTHD量は通常大きく、『OwnTHD』でも踏襲しています。この部分の歪み量は、他の3つの部分よりも大きくなっています。この部分の歪み量は、他の3つの部分よりも大きくなります。

Tape Simulation
テープ・マシンの機能を'理想的な条件'でシミュレートします。Vintage Equipment Simulation のA8 モジュールもテープ・シミュレーションですが、A8はハードウェアをリアルにシミュレートするのに対し、テープ・シミュレーションはテープ・マシンの特性を理想的な状態でシミュレートしています。