検索

Digital Performer 11 アカデミック版 ★数量限定サマーセール

このメーカーの製品を検索 » メーカーのページへ »

MOTU

¥ 30,250 (本体価格:¥ 27,500) 648 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:約2~5日程度でメール納品予定です。

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


インスピレーションを具現化する、真のプロフェッショナルDAWアプリケーション

ダウンロード版(代引き不可製品)
本製品はパッケージのご用意がないため、代引きでのお支払いはお受け付けできません。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
キャンセル不可製品
本製品はメールでのシリアル納品後の変更/返品/キャンセルはできません。事前に製品内容を充分にご確認ください。

本製品は製品登録申請が必要となります。
アカデミック版申請フォーム>>>

製品概要Digital Performerバージョン11には、Nanosampler 2.0、レトロスペクティブ・オーディオレコード、アーティキュレーション・マップ、MPEサポートをはじめとした、エキサイティングな新機能の追加に加えて、DPユーザーより寄せられた数十にも及ぶワークフロー拡張機能が実装されました。

独自のサウンドを生成する新しいサンプラー・インストゥルメンツ長年DPのサウンドを支え続けてきたナノサンプラーが待望のメジャーアップグレード。

nanosamper2.0ではユニークなビート、音色、サウンドメイクに新しい可能性をもたらす新作のバーチャル・インストゥルメンツです。
お好みのサンプルをドロップして、オーディオをストレッチ、スライス、ランダマイズして柔軟なサンプリングに対応することはもちろん、想像できる、あらゆるサウンドや楽器の音色を奏でます。

nanosampler 2.0の特徴
・3つのプレイバック・モード:クラシック、ワンショット、スライス
・ZTXタイムストレッチ
・エンベロープとLFOグラフを搭載した[Setting]タブ
・トリガーとゲートのプレイバックに対応
・サンプラー操作のクリック数を最小限に抑えるスナップ
・サンプルゲイン調整、フェードインおよびフェードアウト設定に対応
・リピート & リバースに対応
・ドラッグアンドドロップによるインポートに対応
・32ビットおよび64ビット浮動小数点サウンドファイルのサポート

アーティキュレーション・マップ
サウンドライブラリを解き放つ多数のパワフルな機能
EastWest™、VSL™、Spitfire™、Cinesamples™など現代における最先端のオーケストラサウンドライブラリの表現を、よりディープに実現することが可能に。

DP11に追加されたアーティキュレーション・マップをプロジェクト内で作成、あるいはインポートして、楽器やアンサンブルをダイナミックに操作し、デスクトップでライブ演奏を楽しむような、新たな次元を体感してください。

前例のないリアリズムと音楽的インパクトを備えた、独自の傑作をプログラムします。



QuickScribeのアーティキュレーション
あなたの傑作を彩る
オーケストラ・ライブラリのサウンドにコネクトされたトリル、トレモロ、ボウイング、ダブルシャープアーティキュレーションを活用してで傑作を仕上げましょう。 DPでの表記通りにサウンドを奏でます。



MPE対応、ノートごとのCCサポート
ベンド、スライド、プレッシャー、表現力豊かにジェスチャーを音楽に追加
MIDIポリフォニックエクスプレッション(MPE)対応!

DP 11では、MPEコントローラー(Roli™Seaboard™など)からのマルチチャンネル出力を、従来のMIDIノートとして録音できます。

数十にも及ぶノートやコントローラーのデータに代わり、簡潔で直感的な編集のため、それぞれが独自のノート固有のコントローラーを含む通常のMIDIノートのように表示されます。

DPの使い慣れたピアノロールに含まれたノートごとのコントローラーやピッチベンドなどイベントを非表示、あるいは表示して確認できます。

ノートグリッドを拡大して、詳細を確認することもできます。



MPEをサポートするバーチャル・インストゥルメンツ
DP内蔵のVIシンセでMPEを体験しよう
Digital Performerに内蔵しているバーチャル・インストゥルメントシンセがMPEに対応サポート。

Roli™やその他のMPE対応コントローラーを使ってMPEを体験できます。DPに含まれているMPE対応シンセでクリエイティブな表現の新たな可能性を追求いただけます。



ノートごとのCCスケールツール
ノートごとのCC曲線をすばやくスケーリングする
新しいスケールツールでは垂直方向にドラッグするだけで、ノートごとのデータをすばやくスケーリングできます。



ノートごとのデータレーン
別々のレーンでノートごとのCCデータを簡単に編集
シーケンスエディターに個別のレーンを追加し、DPおなじみのコンティニュアス・コントローラー(CC)編集ツールを使用してノートごとのMPEデータを表示および編集します。

各レーンのチェックボックスを使用すると、トラックデータとノートごとのデータの間でレーンを簡単に切り替えることができます。



オーディオのレトロスペクティブ・レコード
インスピレーション次第で瞬間をキャプチャ
その瞬間を想像してみてください。

楽器をいじくり回してフレーズを模索中であったり、ライブマイクにハミングしていたり、DIしたギターを弾いている最中やMIDIキーボードの演奏の最中、突然インスピレーションにヒットした場合でもDPはその瞬間を逃さずキャプチャします。

DP11の、[レトロスペクティブレコード]コマンドを選択するだけで、そのインスピレーションの源はトラックに保存され、次のクリエイティブなステップに進行できます。

MIDI入力とオーディオ入力の両方で、Digital Performerはあなたの創造性を解放し、その貴重な、つかの間のクリエイティブな着想を失うことなくプロジェクトに保存します。


Retrospective Audio Record in DP



チャンクフォルダとプレイリスト
スコアリング、制作、パフォーマンス、あらゆるシチュエーションで楽曲と手がかりを整理します
DP独自のチャンク機能は、映画音楽の手がかりや、ライブショーのセットリストまで、単一のDPプロジェクトファイルで複数のシーケンス、曲、Vラックを作成および管理できることで様々な分野のプロフェッショナルに活用されています。

DP11では、チャンクをフォルダーとプレイリストに整理できるようになりました。フォルダはチャンクを整理するのに最適で、プレイリストは次のライブショーのセットリストとして完全に機能します。

チャンクリスト・スプリットビュー
多くのチャンクをより簡単に管理する
チャンクリストの管理を改善するために、チャンクリストを2つのセクションに分割します。

たとえば、一方のリストセクションでチャンクを検索し、それをもう一方のフォルダーやプレイリストにドラッグできるようになります。これによりチャンクの管理がこれまでになく簡単になりました。

Novation™やAkai™パッドコントローラーによるクリップトリガーNovation™Launchpad™Pro mk3やAkai™APC-40などのパッドコントローラーを使用した、DPの広範なクリップウィンドウを完全にハンズオン・コントロールできるようになりました。

個々のクリップ、あるいはシーン全体(曲のセクション)をデバイスからトリガーするほか、フィルタースイープやその他のエフェクト処理を自由に適用できます。

Digital Performerは、どこでもショーを演出できる強力なライブパフォーマンス・プラットフォームとしてアップデートされました。




Carousel Control Surface bg

より多くのハンズオン・コントロール体験
Native Instruments™およびiCON™用の新しいControl Surfaceプラグイン
DP 11には、M32、Aシリーズ、SシリーズMK2コントローラーラインを含んだ現在のNative Instruments™ KompleteKontrol™用の新しいコントロールサーフェス・プラグインに加えて、QCon™ProG2 / EX、Pro X / XS、Platform Nano、Platform M / Xシリーズなどの最新のiCON Control™デバイスでのミキシングに対応。

これらの最先端のコントロールサーフェスで、DPワークフローが更なる強化。より速く、より直感的に作業へ集中できます。


New Control Surface plug ins for iCON™ v2

NIおよびiCON用の新しいコントロールサーフェスプラグイン

より多くのハンズオンコントロール
Komplete Kontrol™シリーズ
Komplete Kontrol™とDP11は、MK2ラインナップ全体への統合サポートにより、キーボードから手を離すことなく、ナビゲート、録音、ミキシングを行うことができます。

ボタンを押すだけで、録音、スクラブ、Undo、タップテンポなどの操作をハンズオンで実行できます。

Komplete Kontrol™インストゥルメントトラック(または接続されているMIDIトラック)を選択し、キーボードを使用してパッチ、プリセット、エフェクトを試聴することもできます。



Akai APC™コントロールシリーズAkai APC™シリーズコントローラーはDPでクリップをローンチするだけに留まりません。DPのクリップビューは、Akai APC40 mkII™、APC Mini™、およびAPC Key25™のボタングリッドに自動的に直接マップされるため、セットアップの手間をかけずにクリップをナビゲートしてクリップ・ローンチが可能です。

APC40™のタップテンポボタンとテンポノブを使用して、シーケンスをその場で変更します。 APC Key25™のキーボードを使用して、同一サーフェスにクリップを記録、ローンチも可能。



NovationLaunchpad™コントロールシリーズ
DP 11は、Novation Launchpad™のコントロールモードを使用し、コントロール・サーフェス上で完全に録音、ミキシングをはじめとした操作が可能です。
DPのクリップの色を反映したパッドで録音して再生し、ほかにもミュート、ソロ、レコードアームの切り替えに対応します。

レコーディングを開始しそびれたとしても、DPのレトロスペクティブ・レコードをトリガーすることでキャプチャを無駄にしません。

Launchpad XやPro mk3モデルのミキサー機能を使用して、DPのパン、ボリューム、センドレベルを調整することも可能です。



その他のハンズオンコントロールiCON™コントロールシリーズ
DP 11には、iCONファミリー全体に対してサポートされています。

QCon Pro G2、QCon Pro X、またはPlatform Nanoのボックスに含まれている専用のDPオーバーレイを使用することですぐに扱えます。

QCon Pro X / XSが接続されている場合、DPはセカンダリディスプレイを利用して、トラックの音量とパンレベルのデジタル表示を提供します。



進化したAvid™EuConサポート
DPスタジオにAvidコンソール・テクノロジーを追加する
DPのEuConプラグインが大幅にアップデートされ、Avid S6™コンソールやArtist Series™へのサポートが含まれています。さらに、Windows 10で実行されているDPでもEuConワークサーフェスを使用できるようになりました。

MCUおよびHUIサポートの強化
対応デバイスでより素早い操作を提供
「MCU互換」の新しいプラグインは、Mackie Control Universalと互換性のあるサード・パーティのコントロール・サーフェスへのサポートを強化します。

DPのMackie Control Universal(MCU)やHUIコントロールサーフェス・プラグインが大幅に改善されました。これらのプラグインは、オートメーショントグル、スクラブモード、センドモード、ループトグルなど、これらのプロトコルをサポートする対応コントロールサーフェスで使用できます。

コントロールサーフェスの更なる機能強化
作業工程自体を合理化する
これらの機能をサポートするすべてのコントロールサーフェスの場合:
Vラックをコントロールサーフェスに表示できるようになりました。

新しいトラックピン留めモード(ピンからミキサー、ピンからフォーカスウィンドウ、およびすべてのトラック)により、対応するトラックがDPおよびコントロールサーフェスに表示される方法が大幅に改善され、必要なトラックを常に表示できるようになります。

シーケンスエディタとミキシングボードの新しいトラック・インジケータライトは、コントロールサーフェスで現在アクティブになっているトラックを示します。

macOS BigSurとApple Siliconのサポート
DP11は最新環境でも最高の体験を提供します

DP11は、macOS Big Sur(11.x)および最新世代のAppleシリコン搭載Macに対応、ロゼッタの必要はありません。

ネイティブ・マルチコア・パフォーマンス用に最適化されたDPのオーディオエンジンは、高速コア上のオーディオスレッドを優先し、重要で時間に敏感な処理のためにCPU帯域幅を予約します。

ライブパフォーマンスモード
コンピューターを楽器に変える
ライブ・パフォーマンスでDPを活用する際、すべてのエフェクト処理をプリ・ジェネレートするのではなくリアルタイムで実行し、すぐに反応できる挙動が必要です。

DPのライブパフォーマンス・モードを扱うことで、コンピューター自体がもう一本の手のように働き、ライブ演出を支援します。

マルチチャンネルMIDIトラック
マルチチャンネルMIDIストリームの録音、再生、編集
1つのトラックでMIDIデータの複数チャンネルを録音および再生できるようになりました。

MIDIトラックの入力と出力の割り当てを設定するときは、特定のチャンネルを選択する代わりに、「any」を選択できます。

入力に「any」を選択すると、16個のMIDIチャンネルすべてを一度にトラックへ録音できます。

チャンネルは、トラック内のMIDIイベントとともに保存されます。 トラックの出力割り当てで「any」を選択すると、イベントは記録された同じチャンネルで再生されます。

強化されたビューフィルタリング
楽曲プロジェクトをより、はっきりと俯瞰
トラックセレクターの新しい「チャンネル選択」セクションを使用して、個々のMIDIチャンネルデータを表示および非表示にします。

「イベントタイプセレクタ」セクションでは、特定のイベントタイプを表示および非表示にでき、プロジェクト全体の管理、確認の際にシンプルな構成で振り返ることが可能になりました。

トラックとクリップの効果
非破壊クオンタイズとトランスポーズを適用する
すべてのオーディオトラック、MIDIトラック、およびクリップに基本的なトランスポーズ設定が追加され、再生時に任意のトラックやクリップのコンテンツをオリジナルデータに影響を与えずにトランスポーズや処理が行えます。

MIDIトラックとクリップには、トランスポーズに加えて、クオンタイズ設定も設けられています。

インテリジェントなオーディオインターフェース識別
最適なオーディオアウトプットでモニタリング
(macOS環境)DPで使用するオーディオ・ハードウェアが選択されていない場合でも、DPが最適なオプションを見つけます。

MOTUインターフェイス、もしくは他のプロフェッショナル・インターフェイスが接続されている場合、DPはそれを使用して機能します。

システム環境設定のサウンドパネルで選択した入力デバイスと出力デバイスを使用し、任意に変更した場合はそこで選択したものに従います。もちろん、DP内からインターフェイスを選択した場合、DPはそれを使用します。

クリップウィンドウの機能強化
クリップをより効率的に使用する
新しい「Empty Clips Scene」コマンドは、新しいシーンを作成し、空のクリップで埋めます。

「ダブルクリップループ」機能は、クリップのループ部分の長さを2倍にし、素材を繰り返し新しいループで埋め、ループされたマテリアルを通して1回おきに聞こえる変更を簡単に作成できます。

リスト・フォントスケーリング
さらに目にやさしく
UIのスケーリングに関係なく、DPのリストウィンドウでテキストのサイズを変更できるようになりました。リスト、プロジェクトノート、歌詞の3つの新しいフォントサイズ設定を制御することが可能になりました。

Windowsでのテキストレンダリング
Windows10で視覚的な明瞭さを得る
Windows 10の最新のテキストレンダリングエンジンを利用することでDPのテキストはより鮮明に表示されます。 多数の追加のテキスト配置の調整により、WindowsでのDPの外観が向上します。

ダイナミックにサイズ変更可能なチャネルストリップ
ミキシング・ワークスペースを最大化する
ミキシングボードウィンドウとチャンネルストリップウィンドウを高く(または短く)すると、DPのフェーダーのサイズが変更されます。