検索

3 Filters ダウンロード版 ★UVI Grandと Ozone 9 Elementsをプレゼント!★Stay Home Make Musicキャンペーン!

このメーカーの製品を検索 » メーカーのページへ »

Arturia

¥ 11,800 (本体価格:¥ 10,727) 1,770 ポイント還元(会員限定)
新品 通常
予定納期:即納(DL)

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


Arturiaよりクリエイティブなフィルターの新定番・ダウンロード版

今だけ UVI Grandと Ozone 9 Elementsをプレゼント!

プレゼント製品概要


◼︎UVI Grand Piano Model D
定番の Steinway Concert Grand Model D のバーチャルピアノ音源です。
ヨーロッパでも有数のサウンドステージで収録をおこなったこのピアノは丹念なマルチサンプリング、高精度のマスタリング処理と先進的なスクリプト技術によって、この荘厳な楽器の表現力と暖かみのあるサウンドを忠実に再現します。

◼︎Ozone Elements
基本的な機能を網羅したOZONE入門版です!
Ozone Elementsを使えば、貴方のミックスが労せずしてラジオ及びストリーミング向けに完成します。
Ozone 9による最高クラスのプロセッシング力、そして革新的なアシスト技術であるMaster Assistantと伝説的なOzoneのマキシマイザーにより、この新しいマスタリング用プラグインは、フルで豊潤かつラウドなファイナルマスターを実現します!

プレゼントのUVI Grand Piano Model DとiZotope Ozone Elementsは本製品納品完了後、追って担当スタッフからメールでお届けいたします。

ダウンロード版 本製品はパッケージなし、メールにて製品シリアルをお届けする納品形態となります。 代引きでのご注文は承ることができませんので予めご了承下さいませ。

製品概要
制作したトラックのスパイス・アップに、
オーディオにちょっとした盛り上げを、
あるいは微妙なトーン・コントロールを。

そこで登場するのがプラグインですが、問題はその種類の多さ。
何百、何千とプラグインがある中で、「正しい」1つはどれなのか?

Arturiaはメーカーとして、
ほぼ毎日そうした「選ばれるかどうか」の局面に接しています。
この選択の幅を今よりも狭くできたらどうだろうか?

そこで残るプラグインは機能充実で、素晴らしいサウンド、
そして高い信頼性のもの。

新しくてエキサイティングな機能を誇るだけでなく、
いつの時代でも最高と感じられるアナログのトーン・コントロールができるもの。
持っているだけでなく、実際に使えるもの、だろうと考えました。

それが「3 Filters You’ll Actually Use」を開発した背景です。

ビンテージ・シンセを正確にエミュレートした膨大な資産をソフトウェアとして形にしたことは、
Arturiaにとって最高の出発点となりました。

それら数々の賞を受賞したソフトウェア・インストゥルメントの開発に際しArturiaで行ったことは、
伝説的シンセのほとんどのアナログ回路のあらゆる特徴を分析し、再構築したことです。
当然ながら、これにはアナログ・フィルターも含まれています。


フィルター・ドリーム・チーム
Mini-Filter
モーグ博士が開発したフィルターのアイコン。スムーズなラダー・フィルターを正確に再現し、現代的な機能をプラス。

SEM-Filter
シンプルかつ素晴らしいサウンド、モード・ブレンディングが可能なステートバリアブル・フィルターに、ソフト・クリッピングやモジュレーション・マトリクスを装備。

M12-Filter
複雑さと深みの極み。トム・オーバーハイムの手による伝説的80年代フィルターをステロイド強化。

アナログ・シンセ黄金時代をダイレクトに伝える 不朽の名機Matrix-12、Moogシンセサイザー、 SEMの3フィルターによるトーン・コントロール・パワー。
「ところで、そのフィルターは何ができるの?」
名だたるシンセのフィルターの濃密なアナログ・サウンドでギターやドラム、ボーカルやブラス、サンプルなどを加工するというのは、 エキサイティングな瞬間です。このプラグイン・バンドルでは、高音域をカットするローパス・フィルターで漂うようなサウンドも簡単に作成できます。 あるいは低音域をカットするハイパス・フィルターで例えばサビ前の緊張感を演出するのもアリです。

楽しさはまだまだあります。各フィルターの実機を同じように使うだけでなく、追加された各種機能でさらに凝った加工もできます。 エンベロープでフィルターの変化する様子をプログラミングしたり、インプット・ゲインを上げてアナログ特有の歪みを出したり、 作成したシーケンスにちょっとしたランダム性を加えてみることも可能。MIDI CCパラメーターでコントローラーへのマッピングもでき、 フィルターや各種機能のリアルタイム・コントロールもできるため、制作だけでなくライブでも使用できます。しかも簡単に、分かりやすく。
アイコン的シンセのフィルターであらゆるサウンドを加工
Arturia独自のTAEモデリング・テクノロジーにより、
電子楽器のサウンドや挙動を個々の電子パーツのレベルで正確にトレース。
こうして完成したのが、圧倒的にリアルなサウンドのシンセや
キーボードのソフトウェア・エミュレーションです。

Arturiaのモデリング手法なら、シンセ全体だけでなく、
その一部を独立させることも可能。
モーグ博士が開発したフィルターのアイコンであるラダー・フィルターやトム・オーバーハイムの マルチモード・フィルターがDAW上で動いたらどんなに最高なことか…。
それはきっと皆さんにも最高なはず、と私たちは考えました。

「3 Filters You’ll Actually Use」では、
3種類の名フィルターが使えるだけでなく、
現代の音楽制作環境にマッチしたさらなる機能を追加しています。

M12-Filterのモジュレーション・マトリクスやプログラマブル・エンベロープから、
Mini-Filterのシーケンサーに到るまで、
さまざまな音の探求や実験ができるようにし、
それらを通して音楽制作に役立てるようにしました。

各プラグインとも、
クラシックなトーン・コントロールにエキサイティングなモダン機能をコンバイン。
フィルターが必要な場面が来たら、Arturiaですべてカバーできます。

動作環境
WindowsOS:Windows 7以上
PC:4GB以上のRAM、2GHz以上のCPU、1GB以上のハードディスク空き容量、OpenGL 2.0互換GPU
AppleOS:Mac OS X 10.10以上
Mac:4GB以上のRAM、2GHz以上のCPU、1GB以上のハードディスク空き容量、OpenGL 2.0互換GPU
対応プラグイン・フォーマットVST 2.4(64ビット)、VST 3(64ビット)
AAX(64ビット(ProTools 11))
Audio Unit(64ビット)