検索

¥ 64,800 (本体価格:¥ 58,909) 0 ポイント還元(会員限定)
新品 僅少
予定納期:即納

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


タッチスクリーン搭載の 6トラック・ステレオ・ルーパー



製品概要ギタリスト/ベーシストのパフォーマンスを強力にサポートするペダルタイプのドラムマシン、BeatBuddyシリーズを展開するSingular Sound社より、先進のルーパーペダル AEROS Loops Studio が登場。ギタリスト/ベーシストだけではなく、ボーカリストやヒューマンビートボクサーなどのライブパフォーマンスを実現するギアです。
4.3 インチのタッチスクリーンを搭載し、6 トラック単位での録音/再生を可能にするルーパーです。また Wi-Fi / Bluetooth 機能も搭載しているため、ネットワーク経由で簡単に最新版の機能をアップデートすることが可能です。ぜひこの革命的なルーパーを体験してください。

入力/出力にはそれぞれ 1/4" 標準フォーンでステレオ 2 ch ずつ装備、それとは別にステレオAUX入力/出力にそれぞれ 1/4" 標準フォーンを 1 chずつ装備し、エクスプレッションペダルへの対応や MIDI IN / OUT 端子も搭載しています。
また、連続でレコーディングできる時間は、モノラル入力で最大 3 時間(ステレオ入力で最大 1.5 時間)、SDカード使用時*は最大で 48 時間までとなります。



AEROS loop Studio はユーザーの新しいルーパーへの期待に見事に応えました。1 つのソングに最大 36 個のループトラック可能であることに加え、各ループトラックへの無制限のオーバーダビングや、最大で 48 時間もの連続レコーディング(SDカード使用時*)も可能となっています。

そして従来のルーパーとオーディオワークステーションの垣根を取り払うように、搭載されたホイールを足でスクロールすることで、演奏中に各トラックの音量バランスをミックスすることも可能です。また、作成したソングをセーブ、エクスポートすることで、あなたのファンへ最高のループトラックを即座にシェアすることもできます。



また 4.3 インチのタッチスクリーン上では、カラーで表示された記号や波形のイメージにより、ユーザーがどこを操作しているかを明確に教えてくれます。
加えて、筐体はたった 198 x 142 mmという省スペース設計のため、この6トラック・ステレオ・ルーパーをお使いのペダルボードへ組み込むことも、容易にできるのではないでしょうか。



そしてもちろん、AEROS は Singular の誇るドラムペダル、「BeatBuddy」とも完全互換のため、併せて使う事も即座に可能です。

↓「BeatBuddy」と組み合わせた使用方法の紹介ビデオ(日本語字幕付き)



また、このルーパーは Wi-Fi / Bluetooth 機能も持ち合わせているため、最新の新しい機能をネットワークを介して簡単にアップデートすることが可能です。
基本仕様 • 6つのトラックと6つのソングパーツを並行することで計36個の独立したループを形成可能
• 1つのトラックに無制限にオーバーダビング可能
• 作成したループトラックは USB ポート経由または SDカードで保存可能*
• 最大連続レコーディング時間
• 3時間( AEROS loop Studio 単体、モノラル入力)
• 1.5時間( AEROS loop Studio 単体、ステレオ入力)
• 48時間(SDカード使用時* )
• 32bit float内部処理 / 24bit レコーディング、スタジオクオリティの DAC を搭載
• Wi-Fi / Bluetooth を介したOTAアップデートによりネットワーク経由で最新の追加機能を導入可能
• スクロールホイールを足で操作することで、演奏中もハンズフリーでループトラックの音量ミックスが可能
• MIDI IN / OUT ポートを介して BeatBuddy などのドラムマシン、エフェクターとのシームレスな連携が可能
• エクスプレッションペダル対応
• オーディオ I/O
• 入力:標準フォーン×2 出力:標準フォーン×2
• 電源
• 9V / 360 mA (センターマイナス)、ACアダプター同梱
• 4.3インチタッチディスプレイ搭載
• 外形寸法:198mm x 142mm x 56 mm ( W × L × H )
• 本体重量:936 g
• 耐チッピング性に優れたブラックコーティングが施されたアルミニウム製筐体
• MIDI Maestroとの接続はオス-オス MIDI ケーブルが必要になります
• BeatBuddyとの接続はオス-オス MIDI ケーブルまたは MIDI Breakout Cable が必要になります
* SDカードに関連する機能は、将来的にファームウェアアップデートにより対応予定