検索

¥ 388,400 (本体価格:¥ 359,630) 5,826 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:お問い合わせ時点で納期をご案内致します

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


各社DAWに対応する多機能フィジカル・コントローラー!9機のタッチセンス付きフェーダーとジョグホイールに加え、視認性にも優れたノブやボタンを豊富に備えています。
MIDIプロトコルによる動作のため、DAW以外の機器の操作に使用することも可能です!

Icon PLATFORM M+概要

Platform M+ は程よい重量感の堅牢なシャーシに9基 (チャンネルフェーダー×8、マスターフェーダー×1) のモーターライズドフェーダー、ジョグホイール、そして多数のノブやスイッチを搭載したUSB接続のコントロールサーフェイスで、DAWのタイプを選ぶだけですぐにお使いいただけるようになります。

通信はMIDIプロトコルで行うため、照明システムをはじめMIDIで制御可能な様々なシステムのコントロールにも最適です。

別売の拡張ユニット Platform X や専用ディスプレイ Platform D2 を併用すれば、同時にコントロールできるDAWのチャンネルを増やしたり、各パラメーターを直接表示したりとより操作性を高めることも可能です。

主な仕様


・8基の10ビットの解像度を持つタッチセンス付き100mmモーターライズドチャンネルフェーダー
・1基の10ビットの解像度を持つタッチセンス付き100mmモーターライズドマスターフェーダー
・各チャンネルに搭載されたデュアルファンクション(回す/押す)ロータリーエンコーダーノブ
・1基の高速サーチおよびコントロール用のジョグホイールシャトル
・各チャンネルに搭載されたセレクター、ミュート、ソロ、録音を含む自照式ボタン
・再生、停止、録音、巻戻し、早送り、ループを含む、自照式トランスポートボタン
・ジョグホイールと併用する2つの方向キーを備えた、自照式ズームボタン
・各チャンネルを簡単に選択できる2つの自照式トラックボタン
・8チャンネルごとに切り替える2つの自照式バンクボタン
・拡張オプション接続用の4基の専用ポート*
・Cubase、Nuendo、Samplitude、Logic Pro、Abelton Live、Reaper、Reason、Studio One、Bitwig 用の Mackie コントロールプロトコル内蔵**
・Pro Tools 用の Mackie HUI プロトコル内蔵**
・MIDI機能を簡単にマッピング可能な iMap ソフトウェア同梱
・USB接続と iMap ソフトウェアで簡単にファームウェアアップデート可能
・コンパクト、堅牢、かつ Kensington ロックポート搭載のメタルケーシング

*Platform M+ は前モデル Platform M の基本性能はそのままに、今後発売が予定されている拡張オプション用のポート(4基)が新たに実装されています。
**DAWのバージョンによっては、すべてのパラメーターが扱えるわけではありません。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

Pro Tools HDX Core (does not include software)概要


Pro Tools|HD-Pro Tools|HDの新世代であるPro Tools|HDXは、厳しい要求を必要とするレコーディング、編集、ミックスをよりパワフルで高音質かつ簡単に行う手段を提供します。 さらに多くのトラック、広いヘッドルーム、従来の5倍のパワーを持つ専用DSPにより、非常に大規模な音楽とポストプロダクションのプロジェクトにも余裕を持って取り組むことができます。

専用のDSP
今日のコンピューターは、かつてないほどパワフルになっています。その多くをネイティブに活用して大規模な優れたサウンドのミックスを作成できます。しかし大規模なアンサンブルをトラッキングしたり、大量のプラグインを使ってミックスを扱うほどのパワーは備えていません。HDXを使うと、専用のDSPのパワーを活用してPro Toolsとプラグインを実行でき、さらにホストのパワーも活用できます。各カードでは256のボイスを処理でき、これはHD Accelの4倍です。通常のコンピューター以上の処理に対応できるため、技術的な懸念をなくして制作に専念できます。

大容量のシステム
さらに多くのトラックや入力が必要な場合には、要求の厳しいセッションでも、追加のHDXカードをコンピューターに追加することにより、256のオーディオ・トラックを活用できます。3枚のカードの使用時には、最大768トラックを活用できます。ニーズやビジネスの成長に伴って、最大192チャンネルまで、さらに多くの入出力をセットアップに追加することも可能です。

大容量のシステム
旧型のTDMシステムをお使いの場合、HDXではカードごとに、Pro Tools | HD Accelの最大5倍のパワーを引き出すことが可能なため、少ない費用で多くの仕事をこなせます。最大768のオーディオと最大512インストゥルメント・トラックにより、大規模なセッションを作成できます。1枚のカードにつき最大64チャンネルのI/Oにより、入出力が倍増します。3枚のカードでは最大192チャンネルのI/Oに対応します。自動遅延補正能力が4倍になるため、プラグインを大量に使用した大規模なミックスも簡単に処理できます。

原音に限りなく近いサウンドを実現
別売のPro Tools | HDシリーズのオーディオ・インターフェースを選択すると、最高の原音再現性ときわめて透明度の高いサウンドを実現できます。最大32ビット、192 kHz解像度の非常に鮮明なオーディオを取り込めます。64ビット浮動小数点処理により、より大きなヘッドルームで、快適なサウンドを実現できます。クリッピングおよび過度のゲイン・ステージングなしで、サウンドの広さをより楽しむことができます。格段に広いダイナミック・レンジで、優れたミックスを行えます。

思いどおりの方法で作業
Pro Tools | HDXは完全なモジュール方式なので、必要かつ最適な機器を作成できます。お客様が選択したAvidまたはサードパーティ製のアナログ/デジタル・インターフェースを接続できます。MacまたはPCで稼働し、フル・システムでミックスすることも、ラップトップを使って外出先でミックスすることも可能です。コントロール・サーフェスを追加するとミキシングをスピードアップできます。MADIを使ってブロードキャスト、ポストプロダクション、ライブ・サウンド環境に統合できます。付属のSatelliteテクノロジーを使ってスタジオのすべてを1つにまとめて同期でき、可能な限り最高のサウンドを実現できます。

Pro Toolsシステムに関するご相談、お見積りは、専門知識を持つ ROCK ON PRO 事業部にて承ります。お気軽にご相談下さい。詳しくはこちらから >>