検索

¥ 34,100 (本体価格:¥ 31,000) 511 ポイント還元(会員限定)
新品 僅少
予定納期:即納

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


360度音響制作のためのプラグインが、多数収録!

製品概要
360pan suite 3は、Ambisonics(アンビソニックス)による音響制作のためのプラグインが、多数収められたパッケージです。作り出される360度音響は、VRコンテンツ等に使用され、ヘッドフォンの使用が最適であり、360度映像の視聴角度に追従する仕様です。

音源のパンニングや距離感など、ミキシング調整の多くをPro Tools HD、Reaperのビデオ画面上で行うことが可能です。先ずは、上のデモ動画をご覧下さい。

ご注意
【1】最新のバージョン3をPro Toolsで使用するには、HDの12.8.2以降が必要です(Macのみ)。
【2】3次(16ch)と2次(9ch)のAmbisonics音声制作には、Pro Tools HD 12.8.2〜(AAX)またはReaper 5(VST)を使用します。
【3】Windows環境はVSTのみ対応(Nuendo 7、Reaper 5)
【4】Nuendoは現在、ビデオ画面での操作に未対応です。
What is 360pan suite 3 for ?
360pan suite 3の用途(本製品には、複数のプラグインが収められています)
360pan suiteが音声方式をサポートするビデオ形式には、以下のように様々な呼称が存在します。

・360度映像 / 360° video
・VR動画 / VR video
・バーチャル・リアリティ映像
・パノラマ動画 / Panoramic video
・全天球映像 / Spherical video

これらの映像の為のオーディオ・トラックは、VRゴーグルを装着した視聴者の頭部や、スマートフォンの視聴角度を変えた際に連動する仕様です。
そして360度動画の再生に対応している「プラットフォーム」は、例えば以下のようなものがあります。

・Facebook 360
・Oculus Video
・YouTube
・SamsungVR
・Jaunt

これらの「プラットフォーム」は、インタラクティブな音声の方向調整を可能とする技術として、Ambisonicsを採用しています。つまりポストプロダクションの音声エンジニアは、Ambisonicsによるミキシングを行わねばなりません。それはBフォーマットという方式で、出力は最小で4chの構成です。さらにBフォーマットには、AmbiXとFuMaという、2種類のチャンネル構成が存在します。

YouTubeにアップロードするにはAmbiXのAmbisonicsによる音声が必要で、360pan suiteで制作可能です。さらにFacebookの「2nd order」と呼ばれる2次の、あるいは16chで構成される3次のAmbisonicsにも対応しています。
360pan

360panを使用すれば、モノ、ステレオ、4chの音声ファイルをAmbisonicsの音場でパンニングすることが容易です。Pro Tools HDのビデオ画面上で、音声の位置を示す印(パック)を操作するだけです。勿論、オートメーション制御も可能です。

360panを音声トラックにインサートして、"show puck"と"show overlay"を有効にすると、360reverb(後述)の"Gain"、"Distance"、"Rev Width" 値が、Pro Toolsのビデオ画面上で設定出来ます。パックの上へマウスのポインタを持って行き、傍に出て来るアイコンをクリックすると、3本のスライダーが表示されます。

Signal Flow - 音声信号の流れ
AUXとセンド/リターンによる、従来の方法でもリバーブの360reverb(後述)は使用可能です。しかし、もっと巧みに操作出来る仕様も備えています。

モノやステレオの音源がAmbisonicsに変換されると、Ambisonicsのバスにおいて左右、上下、前後位置の情報を伴います。各音声トラックに360panをインサートするのは、同様の処理を行うためです。つまり360panはプラグインとして、モノ/ステレオ/4chの入力、Ambisonicsの出力という仕様です。

複数の360reverbを起動すると、それぞれにAmbisonicsの入力経路が作られます。それはバックドア(裏口)のようなもので、360panからのみ接続出来る経路です。起動した全ての360reverbは、各360pan画面上に出力先(send)として表示されます。起動中の360panは各360reverbと結び付いて、音源ごとに距離感やリバーブの広がりを調整出来ます。例えばセッション内に360reverbが1つしか起動していなくても、それを使用する音源数に限りはありません。

この使い方に加えて、起動中の360reverbにおいては、一般的なセンド/リターンの為の入力も同時に機能します。
360monitor
360monitorは、DAWのビデオ画面から映像を取り込み、マウスによるドラッグ可能な画面に送りながら、Ambisonicsの音声をヘッドフォンに最適なバイノーラルの2chに変換します。つまりミキシング中に360度映像を動かしながら、追従する360度音声をプレビューすることが出来るのです。

左図にて選択されている音声フォーマットは9chです。ゆえに、この360monitorは9ch(2次Ambisonics)バスにインサートされており、ヘッドフォンによる視聴を前提として音声を2chへ変換しています。

参考 : 360monitorを表示している間は、CPUへの負荷が大きくなります。これはPro Tools など、DAWのビデオ画面から映像を引き込んでいるからです。DAWのビデオ画面を小さくすることで、360monitorの操作は軽くなります。

ヘッド・トラッキング機能

市販のヘッド・トラッキング装置を、使用するヘッドフォンに備え付けて、360monitor画面を操作することが出来ます。コンテンツのユーザーが、実際に360度映像を視聴する際に近い音声が確認出来ます。マニュアルのAppendix 3に、使い方や調整の方法が記載されています(日本国内における本機能のサポートは未定です)。
360reverb

360reverbは、初めての360度音声によるコンボリューション・リバーブです。プラグインとして1つ起動するだけで、音源の数に際限無く、共通の残響成分を適用出来ます。リバーブ成分はパンニングに追従し、各音源で個別の調整が可能です。

Ambisonicsマイクによって収録された、50以上ものインパルス・レスポンスを収録しています。コンサート・ホールやレコーディング・スタジオ、室内や車内や野外など、様々な空間をVRコンテンツ/360度動画にて再現出来ます。

Ambisonics音声を入力してAmbisonics音声を出力するという仕様で、起動中の各360pan(パンナー)からは、固有の入力経路が設定されます。distanceとreverb widthのパラメータは各360pan画面上で、あるいはDAWのビデオ画面上に表示される、フェーダーで設定出来ます。
360rader

360raderは、AmbisonicsによるミキシングあるいはAmbisonicsマイクで録音した素材の、どこに音声要素が存在するかを示します。Pro Toolsなどのビデオ画面上で表示されるので、とても有用です。
360turner
360tunerは360raderの表示と共に働き、Ambisonicsマイクで録音した音声の位置を調整します。360度カメラと共に使用したマイクの、動画との位置のずれを簡単に正すことが出来ます。
Import / Export
360fuma to ambix と 360ambix to fuma
AmbisonicsのBフォーマットには、チャンネル構成が2種類あります。以下の通りです。
・Fuma : WXYZ のチャンネル構成で、AmbiX に比べて W が 3dB 低い。
・AmbiX : WYZX のチャンネル構成。

本製品 360pan suiteの他、Facebook、Oculus Video、YouTube、SamsungVR、Oculus は全て、音声方式は AmbiX のBフォーマットです。以下のように、FuMa によるチャンネル構成が採用されているプラットフォームもあります。

JauntVR : VR player
Audiokinetic WWise
TSL's Surround Zone
HarpexB

360pan suiteで、例えば上記向けのオーディオを制作するのであれば、プラグイン「360ambix to fuma」を使用します。バウンス・ソースとなる Ambisonics のトラックにインサートして、必要な FuMa のチャンネル構成(とノーマライズ)に変換します。

AmbiX への変換プラグインは不要です。
360pan suite 3は、標準的なAmbiXのフォーマットに則っています。パッケージに収められている、どのプラグインからもAmbiXのAmbisonics音声が出力されます。AmbiXへの変換/出力プラグインの類を、他に使用する必要はありません。これはAmbiXのAmbisonics音声に対応する、他のプラグインと併用出来るということでもあります。

製品仕様
動作環境Mac OS X 10.8.5以降
Windows 8、10

ライセンスのオーサライズには、インターネット環境とiLokアカウントが必要です。オーサライズ情報の記録先は、iLok 2/3 USBキーまたはコンピュータ本体を選択出来ます。
プラグイン・フォーマット・AAX native(Mac のみ)
・VST3(使用出来るホスト・アプリケーションは限られます)
動作対象のDAW・Pro Tools HD 12.8.2以降(Macのみ / Pro Tools HD 11〜12.8.1で360pan suite「2」を使用出来ますが、「3」での使用開始をお勧め致します)

・Nuendo 7(※ビデオ画面上の表示や操作に、現在対応していません)

・Reaper 5