検索

¥ 10,945 (本体価格:¥ 9,950) 328 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:即納、メールにてシリアル納品

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


往年の音声合成をエミュレートした、スピーチシンセサイザー!

Rock oN Demand対象製品:3Dセキュアご利用のクレジットカードで対象製品をご購入いただいた場合は、在庫切れの場合を除き即時メール納品いたします。またその他のお支払い方法をご利用の場合でも月~土曜日12時までのご注文とご入金の確認ができれば、在庫切れの場合を除きその日のうちにメールでアクティベートコードをメールにてお届けします。詳しくは「こちら」をクリック。



ダウンロード版
本製品はパッケージなし、メールにて製品シリアルをお届けする納品形態となります。
代引きでのご注文は承ることができませんので予めご了承下さいませ。

「CHIPSPEECH」は、往年の音声合成をエミュレートしたスピーチ・シンセサイザーです。

1961年に「IBM 704」コンピューターが「デイジー・ベル」を歌って以来、音声合成は飛躍的な進歩を遂げましたが、当時の音声合成チップは独特の癖や発音、そしてロボット感が強かったため、人々からあまり受け入れられませんでした。しかしながらこの独特なサウンドと制約ある性能は、「シンセサイザーを聴き慣れた耳」を持った人にはとても「音楽的に」響いたのです。

CHIPSPEECH には、約80種類もの音声合成チップのエミュレートによって造られた「8人のシンガー」が搭載されています。各シンガーは音楽的に使えるよう特別に調整されており、ユーザーが入力した歌詞(英語/日本語)を、MIDIキーボードで歌わせることができます。加えて、声質(性別感、年齢感など)やピッチ感、人数感、ヴィブラートやエクスプレッションも自由自在にコントロール可能。

CHIPSPEECH は、「音声合成」「シンセサイザー」「音楽性」全ての魅力を1つにした、唯一無二のスピーチ・シンセサイザーです。

Bert Gotrax
開発者: Richard T. Gagnon
著名な使用例: Q-Bert, Gorf
デバイス: Votrax SC-01
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/Votrax
音声合成のタイプ: フォルマント(アナログ)
トーンの傾向: アナログハードウェア実機に起因した、複雑な周波数による、すすり泣くような声やノイズが多い。(特にベースやトレブル、ローミッドが強化された)EQから恩恵を受けられると思われる。

Dandy 704
開発者: John Kelly and Carol Lochbaum
著名な使用例: Daisy Bell(史上初のコンピュータの音声合成を用いた歌)
デバイス: IBM 704 computer に基づくシステム
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/Daisy_Bell#In_technology_and_culture
音声合成のタイプ: 物理モデル(導波管)
トーンの傾向: 暗いミュートがかかっている。曲折した信号経路のため、母音のなかに変わった抑揚を持つ。

Dee Klatt
開発者: Dennis Klatt
著名な使用例: Stephen Hawkingの声
デバイス: Dectalk
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/DECtalk
音声合成のタイプ: フォルマント
トーンの傾向: 極めて汎用性が高い。ハスキーな男性のバリトンから甲高い女性のディーヴァまで、このボイスは幅広く使うことができるだろう。

Lady Parsec
開発者: Richard Wiggins & the Speak & Spell team
著名な使用例: Parsec(TI-99/4A用ゲーム)
デバイス: TI-99/4A プラグイン型スピーチシンセサイザーモジュール
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/Parsec_(video_game)
音声合成のタイプ: LPC10(格子ネットワーク)
トーンの傾向: ミュートがかかった女性のさえずり。

Lady Parsec HD
開発者: The Plogue team
デバイス: あなたのコンピュータ
音声合成のタイプ: Plogue製「フォルマントシンガー」テクノロジー
トーンの傾向: クリアで「人間らしさがある」。

Otto Mozer
開発者: Forrest Mozer
著名な使用例: Berzerk
デバイス: TSI
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/ESS_Technology
音声合成のタイプ: ボイスセグメントのシーケンス処理
トーンの傾向: 極めて明るく、歯切れが良い。アクセントの強いので、どのようなミックスでもよく響く。低音域が豊か。

Spencer AL2
特許所有者: John E. Stork
著名な使用例: Intellivoice (Intellivision), Magnavox Odyssey2 voice attachment
デバイス: SP0256-AL2チップ
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/General_Instrument_SP0256
音声合成のタイプ: LPC12(カスケード接続された2本の極線)
トーンの傾向: ボイスのセグメント数が限られ、補間が不足している。途切れが多い。

Terminal 99
開発者: Richard Wiggins & the Speak & Spell team
著名な使用例: TI-99/4A Terminal Emulator II cartridge
デバイス: TI-99/4A プラグイン型スピーチシンセサイザーモジュール
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/Texas_Instruments_TI-99/4A
音声合成のタイプ: LPC10(格子ネットワーク)
トーンの傾向: やや途切れ途切れ。

VOSIM
開発者: Werner Kaegi and Stan Tempelaars
デバイス: Standard DAC
Wikipedia(英語): http://en.wikipedia.org/wiki/Werner_Kaegi_(composer)
音声合成のタイプ: Windowed Oscillator Sync1
トーンの傾向: シンセサイザーに似ている。