検索

¥ 238,680 (本体価格:¥ 221,000) 0 ポイント還元(会員限定)
新品 僅少
予定納期:即納

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


進化したRMEのフラッグシップ「Fireface UFX II」登場

※本製品は開封、B級品となっております。本体底面に傷がございますのであらかじめご了承ください。保証はメーカー1年がございます。

製品の特徴


プロ・オーディオに求められるすべての性能と機能を 1U のコンパクトなボディーに集約し、ミキシング、レ コーディング、モニタリング環境にシームレスに極めて柔軟に対応する Fireface UFX II は、サウンド、機能、 安定性、ロー・レイテンシーという点において一切の妥協を許さないユーザー、そしてプロフェッショナル 用途でのニーズを満たす製品を待望するユーザーのために RME の技術を集約し、開発されました。

最大サンプル・レート 192 kHz、アナログ 12 チャンネル、ADAT 16 チャンネル、AES 2 チャンネル、合計 30 入力+ 30 出力、これらすべてが高いドライバー開発技術により、USB 2(USB 3 互換)接続にて超低レイ テンシーでコンピューターへと伝送され、高品位な AD/DA コンバーターと最適化されたアナログ回路により、 一切の色付けがない澄み切った、「正確な音」をあなたのスタジオへお届けします。

妥協のないクオリティーを実現しながら、ハイ・コスト・パフォーマンスを実現


長く RME のフラッグシップ・オーディオ・インターフェイスの座を守り、一時代を築いた名機、Fireface UFX が最先端のパーツを纏い進化をしたのが、先行してリリースされた Fireface UFX+、そして、今回リリー スとなる Fireface UFX II です。

Fireface UFX II は RME の MADI 搭載の究極のフラグシップ・インターフェイスである Fireface UFX+ の高い 技術仕様をそのまま受け継いでいるため、有する機能の性能は、全て Fireface UFX+ と同等。

Fireface UFX+ との機能差は、1 ポートで 64 チャンネルを伝送する業界標準の多チャンネル規格の MADI 並 びに Thunderbolt/USB 3.0 のみ。もちろん、RME の最大の魅力である高い安定性を誇る独自開発のドライバー により、Fireface UFX II に搭載されている USB 2(USB 3 互換)は、一切のストレスなく、30 入力+ 30 出 力と超低レイテンシーを実現します。

Fireface UFX II の革新的な機能「DURecTM」(Direct USB Recording)


Fireface UFX II の革新的な機能「DURecTM」は、フロント・パネルに備わっ た USB 端子を利用して、全入力/全出力(計 60 チャンネル)を直接録音 /再生するデジタル・レコーダー機能です。
UFX II 本体のみでの利用はも ちろんのことコンピューターと接続してお好みの DAW と併用することで、
僅か 1U サイズの完璧なバックアップ・レコーディング・システムにもなります。

録音されたデータは Fireface UFX II が動作しているサンプルレートで、インターリーブ形式の Wave ファイル (.wav)として記録されます。
解像度は 24bit 固定となり、接続された USB ドライブからインターリーブファイ ルをお使い DAW にインポートすることにり簡単にモノ・ファイルが展開されますので、すぐに編集作業へと移行 することが可能です。
また、内部のリアルタイム・クロック(RTC)によりファイルにタイムスタンプが付与され
るため、ポストプロダクション作業も効率よく行うことができます。

Fireface UFX との比較 〜 新しいデザインと進化した性能


• 新しいデザインの筐体
• メモリーを増強、より高速な DSP、2 倍のリバーブ・タイム
• DURec USB の機能と互換性向上
• DURec インターナル・リアルタイム・クロック(タイムスタンプ機能)
• ARC USB を接続する USB ポートを搭載
• 新しい AD/DA コンバーター
• 最適化されたアナログ I/O
• SN比とTHD向上
• PAD フリーのマイク回路設計、最大入力レベル +18 dBu、75 dB のゲイン・レンジ
• ロー・インピーダンスのハイパワー・ヘッドフォン 出力(2 Ω)
• 電源および電力処理を一新、電力消費を抑制