検索

¥ 49,306 (本体価格:¥ 44,824) 739 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:約1週間前後で入荷予定です。

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


エレクトロニックアート&ミュージック共通言語 MAXがフルモデルチェンジして登場

Maxは独自の機能をもった様々な「オブジェクト」が用意されており、それらをキャンバスに並べてつなぐことでユニークなソフトウェアを作り出します。今回およそ3年ぶりにフルモデルチェンジしたMax7は、スピードとシンプルさに最適化された新しいインターフェース、パフォーマンスの大幅な向上、パワフルな新ツールの数々で、インタラクティブ・サウンド、カスタム・エフェクト、3D、プロジェクション・マッピング、アイデアをこれまで以上にすばやく実現できます。

●ビートを見失うことはない
Max 7では、前回のアプリケーション終了時に使用していたドキュメント全てを開いてくれるインテリジェントな新しいワークスペース機能により、スムーズに作業を再開できます。

万が一Max 7がクラッシュしても、作業内容が失われることはありません。新しいクラッシュ・リカバリ機能が、パッチャーに加えられた編集を保存。Maxを再起動すると、前回保存されたドキュメントの状態に保存内容がリプレイされます。

●ピッチと時間を独立してマニピュレート
sfplay~やgroove~など、オーディオを再生する人気Maxオブジェクト全てにリアルタイム・オーディオ・エラスティック機能が追加されました。高品質な非リアルタイムのピッチ/時間操作は新オブジェクトstretch~で可能です。

オーディオがグローバル・トランスポートのテンポに従うようになりました。オーディオ・ループのフェーズのロックやマニピュレートも可能に。これにより、オーディオをテンポに関連する単位で考えることができるようになります。ピッチと時間を操作できる新しいMax for LiveデバイスをMax 7またはAbleton Liveにドラッグすれば、直ぐにビートの操作と加工が可能です。

●イントネーションのリアルタイム補正
retune~オブジェクトでは、イントネーション補正とインテリジェントなハーモナイゼーションをプロジェクトに追加できます。標準的な自動補正機能に加えて、retune~は、入力されるモノフォニック・オーディオ信号を任意のピッチでリアルタイムに再生できます。retune~は微分音単位のピッチ補正に対応しており、Scalaフォーマットのチューニング・テーブルをロードします。

リチューニングはオーディオ・シグナルパスのどこにでも加えることができ、オーディオ・レートでコントロールできます。Max 7では、リチューニングは単なる間違いを修正する手段ではなく、素晴らしい可能性を持ったクリエイティブ/ツールなのです。

●プラグインの統合
すべてのVST~およびAUプラグインにパッチャー・フレームからアクセス。Max for Live(AMXD)デバイスをMaxパッチャーでダイレクトに使用。Max 7だけの特別エフェクト多数を含むエフェクトを収録。新しいインライン・プラグイン・ビューでは、気になるパラメーターのカスタム・ビューを設定し、それ以外を非表示に。Maxメッセージで、プラグイン・パラメーターを簡単にオートメーション化できます。

Max 7は、ユーザーが使用していたプラグインと、プラグイン・パラメーターを含むパッチャー内のパラメーター全てをスナップショットに記録。スナップショットをパッチに埋め込んだり、複数のパリエーションを記録することも可能です。

●GenがMax 7に完全統合
Genは、視覚的な図式やテキスト式から非常に効率に優れたコードを作成できる先進的な環境です。慣れ親しんだMaxと同じインターフェースで、素早く結果が得られます。Max 6では、Genモジュールを使用することができましたが、Genをアドオン機能として購入しなければ新しいGenモジュールを編集することはできませんでした。Max 7では、Gen編集が標準搭載されています。

Maxを一般的な既製ソフトウェアの制限に満足できない人のためのツールとするなら、Genは、色々な意味でMaxの制限に満足できない人のためのツールです。Genは、オーディオ処理とイメージ処理の両方において高度に最適化された下位モジュールを作成できます。C++やシェーダー言語の使用を必要とせず、新しいMaxオブジェクトを作成する機能を提供します。

動作環境
MacMac OS X 10.7以降、Intel® Mac
WindowsWindows 7以降、マルチコアプロセッサ
共通2GB以上のRAM、インターネット接続環境(インストール、オーソライズ時)、QuickTime(Windows 32-bitでJitter使用時)