検索

¥ 98,476 (本体価格:¥ 89,524) 1,477 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:お問い合わせ時点で納期をご案内致します

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


Purple Audio社「Sweet Ten」に接続して使用する、オールディスクリートの8chサミングアンプ。

本機「Moyin」モジュールは、オールディスクリートの8chサミングアンプです。Purple Audio社の「Sweet Ten」ラックのスロット9でのみ利用可能で、Sweet Tenを8×2chのミキサーとして使うことができます。

Moiynを、Sweet Tenラックのスロット9に接続すれば、スロット1〜8が、Moyinのインプットとして機能するようになります。Moiynは異なったサミング・インプット・アンプを持っているため、スロット1〜8へは標準的なものであればどのようなモジュールでも低負荷で接続できますし、それらのスロットのアウトプットのバランスを崩すこともありません。

これはつまり、Sweet Tenのスロット1〜8に接続されたモジュールのアウトプットをMoiynでまとめながら、その音をDAWやテープマシンに取り込めるということです。

スロット9のインプット(XLR IN/OPT IN)は、Moyinのmix bussへのステレオインプットとして働きます。様々なミキサーをMoyinにカスケード接続するためです。使用例としては、MoyinをつないだSweet Tenをドラムをまとめるサブミックス用として使い、それをカスケードして、全体のミキシングのためにもう1台のMoyinにつなぐ、ということが考えられます。これはつまり、6RUのディスクリート・16chのサミングミキサーであり、チャンネルモジュールとして、様々な500モジュールの様々な組合せを行うことが可能です。

Moyinのフロントパネルには、縦2列の8個の点灯式押しボタンがついており、それぞれのLRチャンネルに割り当てられています。スロット8を割り当てたボタンの3色LEDは、mixbussの信号レベルを指し示しています。本機種の下部には、高品質な回転ノブ式の2-bussマスターフェーダーがついています。Moyinの音声信号経路は、Purple Audio社の他のモジュールにも採用されているのと同じディスクリート・オペアンプを用いています。Moyinは、KDJ3のオペアンプ2つとKDJ4のオペアンプを2つ採用しています。

主な特長
・Discrete signal path (2 KDJ3 – Summing Amplifiers, 2 KDJ4 Output Amplifiers]
・Differential Summing Amplifier
・15K drop on resisters
・Stereo Balanced Inject
・8 Input Left/Right Assignable
・Current consumption: 90mA
・Discrete signal path
・Over Current Resettable Fused (prevents any module problem from affecting your rack
・ROHS – Lead Free