検索

¥ 638,000 (本体価格:¥ 580,000) 3 ポイント還元(会員限定)
新品 お取寄
予定納期:お問い合わせ時点で納期をご案内致します

*予定納期について:お取り寄せ商品の予定納期は、おおよその目安として表記しております。出来る限り最新の情報を掲載しておりますが、メーカーの在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


スピード、独特の"空気感"、超高域の再現性の実現した、至高のマルチパターンチューブマイクロフォン

★Gold Reference Microphoneを使い、男性ボーカルとギターを様々なマイクで収録!レコーダーはDigidesign Pro Tools HDシステム、マイクプリはMillenia HV-3Rを使用しています!。ドライ/リバーブとも無圧縮のWAV形式のデータもご用意いたしましたので、是非あなたのマイク選びのご参考に!!録りたい素材に最適なあなたのマイク選びをお手伝い!!


GoldRefシリーズで採用されているラージカプセル(1.25 inch overall, 1 inch diaphragm diameter)はManley独自の設計によるもので、カプセルリングとバックプレートは黄銅の削り出しを使用しています。ゴールドダイアフラムフィルムは、ドイツ製でDavid Josephson氏による専有技術を用いて適度のテンションを保ちながら貼り付けられています。これにより、スピード、独特の"空気感"、超高域の再現性の実現、および、こうした精密パーツの量産が可能になりました。

MANLEY GoldRefシリーズマイクでは、チューブ哲学は、すべて2本の三極管をカスケード接続して、ゲインブロックを形成することで成り立っています。近年、三極管12.AX7WAを2本使い、セラミック製のソケットにはめ込む方法に仕様変更しました。このチューブモデルは入手しやすく、交換も簡単なためです (以前は6072.A を使用するのが常であった)。出力はニッケルラミネーションを施したハムバッキングタイプのバイフレア(bi-filar)ワインディングを経由して、" ミューメタル"製アウトプットトランスから送り出されます。指向性は、OMNI, CARDIOID, FIGURE 8より選択できます。GoldRefマイクの優れたところは、マイクの隣接効果を狙ったとおりに実現できる点にあります。結果的にGoldRefマイクを使うことで、アコースティックな響きを兼ね備えた豊かな高音と低音を生み出すことができるようになりました。

主な仕様
   真空管:5670
周波数特性:10 Hz~30 kHz、AMP to 60 kHz
感度:7 mV / Pa
ノイズ:- 108 dBV(A Weighted)
最大SPL:150 dB
THD+N:0.05% 以下、帯域幅 22~22 kHz(1 KΩ、1 kHz -40 dBV 出力)
出力インピーダンス:30 Ω
電源消費:15W
動作電圧:90~250 VAC @ 50~60 Hz(ユニバーサル電源)
ヒューズ仕様:2A スローブロウ
寸法:マイク:約 114.3 mm x 114.3 mm x 246.4 mm
電源ユニット:約 127 mm x 86.36 mm x 208.3 mm
重量:マイク:約 680 g
電源ユニット:約 680 g