検索

「原音忠実再生」をただひたすら追求し、1985年に現在のRLシリーズのルーツとなる3ウェイの同軸モニタースピーカーRL900を市場に投入。その驚くべき解像度の高さは壁を越え西ドイツでも話題となり、ベルリンの壁崩壊と同時に瞬く間にドイツ国内に広まりました。 現在ではドイツ公共放送連盟の統一標準モニターとして使用されているほか、ベルリン・フィルハーモニーやドイツの著名なオペラハウスなどにインストールされています。 日本でもエンジニア、ミュージシャンから「スピーカーの音がしないスピーカー」と称され、絶大な支持を受けており、創業以来変わらず100%自社開発・生産体制を貫き、熟練したエンジニアが最後の音決めまですべてを行うその断固たる姿勢が、無駄な色付けをしない音源本来の音をそのまま甦らせる“究極のモニタースピーカー”を生み出しているのです。

並び替え

8件の商品が見つかりました。